エコ

「地下鉄はクルマの15%」って何のこと?

------------
答え

主要交通機関のCO2排出量の比較です

「ひと1人を1km運ぶ」のに排出するCO2(二酸化炭素)の量を、輸送機関別に比べてみると、鉄道(電車・地下鉄)がもっとも少なく、バスの約40%、自家用自動車では約15%と、ダントツでCO2排出量が少なく、人と環境にやさしい乗り物であることがわかります。

●1人を1km運ぶのに排出する二酸化炭素の輸送機関別比較
出典:国土交通省統計データ(2013年度)

クルマを控えて地下鉄を利用すれば、さらに大きなエコ

環境について考えるとき、身近でできることからはじめるのがポイント。とりわけ自動車からはたくさんのCO2が排出されるため、1日10分、使用を控えるだけでも、1年間で約600kgという大量のCO2を削減することができます。
環境負荷を軽減するために、1週間のうち1回でも2回でも、クルマの利用をやめて、エコな交通機関である電車や地下鉄を利用することを考えてみませんか。


(出典:京都大学大学院 工学研究科 藤井研究室)

ページトップへ戻る

戻る