一般社団法人 日本地下鉄協会

ホーム > 世界の地下鉄 > 中華人民共和国 北京

北京(BEIJING)


中華人民共和国
People's Republic of China

人口●13億6920万人
面積●959万6961km2
主要言語●中国語
通貨●元
1元=13.54円
1人当たりGNI●2370ドル

アジア大陸の中央部から東部にかけて広がる国家で、世界最大の人口を有する人民共和国。熱帯から冷帯気候まで、内陸の高山、砂漠気候までと変化に富んだ気 候を有する。中華と「世界の中心」を自称した。近年、豊富で安価な労働力を背景に工業も発展を遂げた。しかし、一方では、都市と農村の経済格差の解消など の課題も指摘されている。

北京 Beijing

中華人民共和国(中国)の首都で人口782万人。政治、文化、交通の中心地。上海、天津、重慶とともに中央政府の直轄市である。典型的な囲郭都市で、市街 は碁盤目状に造られている。史跡、名勝に富み、紫禁城(故宮博物院)、天安門、天壇公園、景山公園をはじめ、郊外には明十三陵、万里の長城(八達嶺)など がある。都市圏面積は1万6800km2、人口1257万人の大都市である。

営業主体

北京地鉄運営有限責任公司
2 Beiheyan Road, Xicheng 100044, Beijing, P.R.China TEL:+86-10-6229-2411 FAX:+86-10-6229-2421 URL:http://www.bjsubway.com〈中国語/英語〉

路線図

※クリックで拡大します。

地下鉄の概要

最初の開通は1969年の1号線北京站~蘋果園間18駅23kmであった。1984年には2号線の北京站~復興門間11駅16.1kmが開業し、1号線の北京站~長椿街の6駅を加えて2号線が環状線となった。2号線は、北京市の交通の障害となっていた旧北京城の城壁を取り壊し、これに沿って第2環状道路を建設するとともにその道路の下に建設された路線である。
その後、1992年に1号線の延伸として復興門~西單間1駅2.5km、1999年に天安門西~四惠東間10駅11.8km、最後に残った天安門西~西單間が2000年につながり、1号線(蘋果園~四惠東間)が全通した。
一方、北京市北西部の文教地区と北部及び北東部の住宅地区を結ぶことを目的に、2002年10月に13号線の西側(西直門~霍榮間)が部分開業し、2003年1月には全線40.9kmが開業した。また、2003年12月には、全線地上走行をする八通線(四惠~土橋間)18.9kmが開通した。
オリンピックの開催を翌年に控えた2007年には、市街地を南北に貫く5号線が開通、2008年7月には、2号線の外側を走り将来は第2の環状線となる10号線の勁松~巴溝間、10号線の北土城駅からオリンピック主会場の最寄り駅となる3駅の区間で8号線が、オリンピック開会目前にそれぞれ部分開業した。また、同年に開業した空港連絡線は、鉄車輪リニア方式を採用しており、北京首都空港と2・13号線の東直門駅を20分以内で結ぶ路線である。
2009年9月に開業した4号線は、北京市と香港地鉄公司が共同出資して建設、同じく共同出資で設立した北京京港地鉄公司が運行を担当する、中国初の民間資本を導入した軌道路線である。
今後、2010年までに、4号線・5号線の2路線の延伸及び新規の2路線が開通し、2012年までに、6号線・8号線2期・9号線・10号線2期の4路線の開通が見込まれている。こうして北京地下鉄は、2012年までに総延長400km、2015年までに561kmにも及ぶ路線網の整備を目指している。
オリンピックの開催にあわせて、2008年には紙製の切符が廃止され、全線全駅で自動改札に移行された。また、2006年に導入されたICカードは天津市の公共交通ICカードとシステム統合され、いずれの都市のカードでも、北京・天津両都市で利用できるようになった。


2号線を環状運転する新型車両
提供/磯部栄介


市街を南北に走る5号線に導入された新型車両
提供/磯部栄介


八王墳(王の墓)と通県を結ぶことから八通線と名付けられた路線を走る4両編成の電車(四恵東駅)
提供/秋山芳弘

データ

開通年1969年10月 軌間1435mm
営業キロ198.9km電気方式直流750V
路線数8 集電方式第三軌条
駅数123 運転保安ATP/ATO/ATS
従業員数1万6000人 最小運転間隔3分
運行時間5:10~23:40 車両数1770両
運賃制度均一制/距離制 列車運転線路右側
輸送人員15億人   

利用方法

乗車方法

自動券売機又は窓口でプラスチック製磁気カードを購入して、自動改札機に通して乗車する

運賃

2元均一

乗車券

普通乗車券(プラスチック製磁気カード)、市政交通一 通(路線バス、タクシー、一部の高速道路料金所、ショッピング等にも利用できるICカード。初回購入時に20元のデポジットが必要。チャージは10元単位、最高チャージ額は500元)

旅客案内

中国語及び英語。路線ごとにラインカラーを使っている

利便施設

エスカレーター、ホームドア等の設備がある 〈稲田恭子〉

北京・天津で相互利用可能な交通ICカード

2008年8月、北京と天津両市で利用可能な交通ICカード「京津一 通」が発売された。このカードでは、それぞれの市において交通の割引を受けることができる。北京ではバスが6割引、地下鉄が一律2元、天津ではバスが5%割引、地下鉄が10%割引となる。ただし、新しく開通した京津城際鉄路では使用できない。

*一般社団法人 日本地下鉄協会 「世界の地下鉄 -151都市のメトロガイド-」より

ページの先頭へ